コラーゲンは年齢とともに減少する

肌のハリや弾力を生み出す元になっている成分はコラーゲンです。

そのコラーゲンをつなぐ役割をしているのがエラスチンで、その間をうめているのがヒアルロン酸です。

肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少したり変性してしまうと、肌のハリや弾力が失われるのでシワやたるみとなって現れます。

コラーゲンの量

20代以降になると肌内部のコラーゲンは急速に減少していきます。

40代になると20代のときの半分近くまでコラーゲンが減ってしまいます。

肌に紫外線が当たると活性酸素が生成され、肌が酸化されてしまいます。

そのときにコラーゲンも影響を受けて劣化し、肌の弾力が失われていきます。

コラーゲン含む食事はシワに良い?

よくテレビの番組で芸能人の方が食事をしているときに、コラーゲンたっぷりの食事をすると肌がプルプルになると言うことがありますが本当でしょうか?

実はコラーゲンを含む食事をとったからといって肌のコラーゲンが増えるわけではありません。

食事でコラーゲンを摂取しても消化されて分解されてしまうからです。

芸能人の方がプルプルになっていると表現しているのは、脂の多い食事で顔に皮脂が出ているのをそのように表現しているのでしょう。

コラーゲンを生み出す美容成分を与える

では肌内部のコラーゲンを増やすにはどうしたら良いのでしょうか?

それは肌がコラーゲンを生み出すのをサポートする美容成分を与えることです。

例えば、レチノールやヒト幹細胞培養液などです。

レチノール(ビタミンA)はコラーゲンを生み出す美容成分として、エイジングケア化粧品などに含まれています。

ヒト幹細胞培養液は、肌が新しく細胞を作り出すために重要な働きをし、コラーゲンやエラスチンなどの生成をサポートします。

ヒト幹細胞培養液を配合した化粧品に、ハリッチプレミアムリッチプラスなどがあります。

コラーゲンの減少や劣化を防ぐ

コラーゲンを増やすことも大切ですが、コラーゲンが減少するのを防ぐことも大切です。

先程も説明した通り、コラーゲンの減少は加齢と紫外線が主な原因です。

加齢は防ぎようがありませんが、紫外線のケアは努力次第でどうにかなります。

紫外線を防ぐには、日焼け止めなどを塗って直接防ぐ方法があります。

もう1つは紫外線によって生み出された活性酸素を消去するという方法があります。

ハリッチプレミアムリッチプラスに配合されているフラーレンは、高い抗酸化を持っています。

抗酸化力というのは、活性酸素の働きを抑える力のことで、肌の老化を抑えてくれます。